HOME >>北九州市ってこんな街 >>各区のご紹介

各区のご紹介

門司区 (門司区の主な住宅地事情

関門海峡を見ながら、明治時代より栄えて来た門司。

特に門司港地区は横浜、神戸と並ぶ日本三大国際港と呼ばれ、「門司港」は世界の共通語でした。

海外との交易で栄え、今でも異文化によってもたらされた洋風建築の街並が現存し「門司港レトロ」として北九州市最大の来客数を誇る観光地として人気のスポットとなっています。

また、大里地区は産業の街として栄え,その全盛期の姿がJR門司駅裏に現存し、門司の産業の歴史を勉強できる観光スポットとして人気を博しています。

↑このページのTOPへ戻る

小倉北区(小倉北区の主な住宅地事情

北九州市の産業、文化、流通、情報の拠点。元小笠原藩の城下としても知られ、北九州市の顔として広く市民に愛されている街です。景観も中心部を流れる紫川の美しさは絶品。市民の憩いの場でもあり、紫川に架けられた個性豊かな10基の橋脚が紫川の魅力を引き立てています。

また、JR小倉駅から小倉南区まで伸びる北九州モノレールは近未来的。他の街では味わえない都市空間を堪能できます。他にもこの小倉北区では、全国的に有名な数々の発祥ものが存在しています。

小倉魚町銀天街のアーケード型商店街、KEIRIN、焼きうどん、24時間スーパーマーケットなどこれらは全て小倉が発祥の地なのです。都市機能の拠点だけでなく、新しい発想で全国に広がる物を生む街としても有名です。

↑このページのTOPへ戻る

小倉南区(小倉南区の主な住宅地事情

小倉南区には日本有数のカルスト大地で有名な平尾台や希少生物の多い曽根干潟、菅生の滝や合馬の竹林など雄大な自然が多く残っています。合馬のタケノコ、小倉牛、大葉春菊、豊前海一粒かきなど全国的に有名な物が多く生産されています。

また、東のベッドタウンでもあり、いくつもの大型団地を抱えて、八幡西区に次ぐ人口をほこっています。大型団地の計画はまだまだあり、こらからも人口が増える可能性を秘めています。

↑このページのTOPへ戻る

若松区(若松区の主な住宅地事情

昔石炭、今エコの街。広大な響灘の沿岸を埋め立て「北九州エコタウン事業」「響灘環黄圏ハブポート構想」の推進など今後の発展が期待できます。しかし今でも石炭で栄えていた頃の面影も残しており、「門司港レトロ」とは味わいの違った「若松レトロ」を楽しむことができます。また、玄海国定公園内に位置している若松北海岸や響灘緑地の自然の美しさは見る者を釘付けにするでしょう。

ここ若松は、「花と龍」の原作者である火野葦平の活躍した街でもあり、今でもその威勢の良さは健在です。

↑このページのTOPへ戻る

八幡東区(八幡東区の主な住宅地事情

近代日本の歴史、北九州市の歴史を見続けている街。

八幡東田総合開発事業で産業、文化、居住施設を整備する中、西日本最大規模の「いのちの旅博物館」は、多くの人を集めています。

ひと昔前、ここが製鉄の工場群であったと誰が想像するでしょう。

しかしその生き証人1901のプレートを付けた「東田第一高炉」が周辺一帯を温かく見守っています。

また、多くの自然が市民を癒してくる街としても有名で、皿倉山からの眺望は今でも「100億ドルの夜景」と言われ、河内地区の自然や温泉施設、サイクリングロードが、いつも市民に安らぎを与えてくれています。

↑このページのTOPへ戻る

八幡西区(八幡西区の主な住宅地事情

八幡西区は本市の西部に位置し、市内では人口が最も多い区です。

副都心黒崎地区は、八幡西図書館や黒崎ひびしんホールの開館、コムシティの再生など都市機能の充実が図られ、折尾地区ではJR折尾駅周辺にて折尾地区総合整備事業による面的整備が進んでいます。

また、市内有数のベッドタウンを誇り、今もなお開発が進んでいる街。そのため交通網は整備され、主要駅に向かうためのアクセスは抜群です。他にも旧長崎街道の旧跡を活かした木屋瀬地区では、歴史を体感できる街並を形成しています。

↑このページのTOPへ戻る

戸畑区(戸畑区の主な住宅地事情

北九州市の発足当時は、旧戸畑市役所を北九州市市庁舎として使用。北九州市の原点を知る街で、多くの事がここ戸畑からスタートし、北九州市の礎をつくった街といっても過言ではないでしょう。現在は市内屈指の文教・住宅地区と言われています。

平成28年にユネスコ無形文化遺産に登録された「戸畑祇園大山笠」は国の重要無形民俗文化財で、福岡県夏の三大祭りの一つとしても広く親しまれています。

また、国指定重要文化財の旧松本家住宅(西日本工業倶楽部)や北九州市立美術館などの歴史・文化施設が充実しており、閑静な住宅地も多く点在しています。

↑このページのTOPへ戻る

※市HPより一部抜粋